スーパーアナライズFX | FX情報商材リンク集ナビ

◆英国キングダム◆~スーパーアナライズFX~

◆英国キングダム◆~スーパーアナライズFX~

    【商材説明】
    学生当時私は、 既に1億もの資産を築き上げる事に成功していますが、 FXを始めた時は、 FXなんて、名前は聞いた事があるくらいで、 実際にはどのようなものなのかまったく分からない状態でした・・・特に数字に強いといった事もありませんでしたので、 今考えれば運命的な出会いだったのかもしれませんね。私は元々は日本国内の大学に在籍していました。 特にサークルに入っているわけでもなく、時間は持て余し、 何かやりたい事が見つかった時に必要かと思い、コンビニでのアルバイトに明け暮れ、お金を貯める事に必死でした。商品の品出し、在庫確認、レジ打ち・・・ ボーっとしていても仕事をこなせてしまうほど、 体が作業を覚えてしまっているのを覚えています。深夜の時間帯、一人になるとよく考えていました。「こんな人生だけは嫌だな・・・」そんなある時、 運命的な出会いは突如やってきました。大学の友人で開いていた飲み会、 突然やってきた一つ上の先輩Kは、 既にお腹一杯の私達を気にすることなく、 次々と料理を注文し始めました。案の定、みんな食べきれずに残してしまう結果に・・・しかし、途中参加の先輩Kは10人はいたであろう仲間の分の全部の会計をまとめて支払っていきました。「随分と羽振りが良いな。先輩面して実は余裕ないんだろうな・・・」と、その時の私は思っていました。さらに、 次はみんなで旅行に行こうという事で車を持っている人が出す事になったのですが、その時もその先輩Kは現われました。 軽快に現れた先輩の車は、なんとベンツのゲレンデ。「そうか、先輩はお金持ちの家庭なんだ!」「おぼっちゃまはいいよね・・・」私自身、貶すつもりはありませんでしたが、ついつい先輩にこう話掛けてしまいました。私「先輩はいいですね。親のお金でこんないい車に乗れて。」すると先輩は、先輩「よく言われるんだよねー。やっぱりそう思っちゃうよね。 信じてもらえないと思うけど、自分で稼いで買ったんだよね。」私「えーーー?!」私「嘘ですよね?!」先輩「ほらね、信じてくれないでしょ? 俺、FXっていう投資をやっていて、それが調子がよくて、こうしてある程度裕福な生活が送れているんだ。」と、これが私とFXとの出会いでした。帰ってその日に書店にFXの本を買いに行ったのを今でも鮮明に覚えています。それから私のFXの人生はスタートしたのです。>>続きを読む

FX情報商材リンク集ナビ TOP » スーパーアナライズFX